adjustがビデオリサーチと連携、テレビCMのアプリインストールへの貢献が把握可能に

モバイルマーケティング分析プラットフォーム「Adjust」の管理画面で広告効果を計測

モバイルマーケティング分析プラットフォームを展開するドイツAdjust(アジャスト)の日本法人、adjustは、メディアリサーチ事業のビデオリサーチとの連携を始めた、と7月28日発表した。同プラットフォーム「Adjust」で地上波テレビCMのモバイルアプリインストールへの貢献と、その後のユーザーLTV(顧客生涯価値)が手軽に計測・分析可能になった。

Adjustとビデオリサーチの「全国テレビCMデータ」が連携した。同CMデータはテレビ放送されたCMの出稿情報が全国規模で分かるデータベース。連携したことで、地上波テレビCMのアプリインストールへのアトリビューション(間接効果)を計測し、Adjustの管理画面でのアプリの指標とKPI(重要業績評価指標)の確認によって広告効果が分析できるようになった。

Adjustの管理画面では広告媒体、オウンドメディア、ORコード、電子メール、コネクテッドテレビなど流入元ごとのインストール数、起動数、収益イベント数などが分かり、テレビCMに関しては地区、番組名、クリエイティブが表示される。テレビ広告がインストールの契機になったユーザーのその後の行動を把握し、キャンペーンの最適化につなげられる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

HCD
「Human-Centred Design」(人間中心設計)の略称。機械やシステ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]