パナソニックHDがリアルタイム音声解説サービスによるスポーツ観戦の価値向上を確認

配信プラットフォーム「CHEERPHONE」を使ったサービス視聴者へのアンケートで高評価

パナソニックホールディングス(HD)は、スポーツ観戦時に試合会場でのリアルタイム音声解説サービスが体験価値やファンエンゲージメント(ファンの愛着心)向上に効果があることを確認した、と6月16日発表した。同社のリアルタイム音声配信プラットフォーム「CHEERPHONE(チアホン)」を使った音声配信サービスの視聴者にアンケートを実施して分かった。

アンケートは、競技関係者やアスリートによる実況や解説を会場でリアルタイムに視聴できるCHEERPHONEの音声配信サービスの利用者に対し、2021年9月~2022年5月に行った。サッカーのJリーグ、WEリーグ、ラグビーのリーグワン、自転車ロードレースのジャパンサイクルリーグの各プロスポーツ計14試合の同サービス視聴者を対象にした。883人が回答した。

アンケートの結果、リアルタイム音声配信サービスを体験する前と比較して「スポーツ観戦そのものが楽しくなった」が90%、「チームや選手への理解が深まりより好きになった」が93%にのぼった。サービスの継続利用については「音声配信サービスがあればまた利用したい」が93%、「音声配信サービスがあることでまた会場に来たくなる」が88%だった。

アンケート結果
アンケート結果

パナソニックは、リアルタイム音声配信サービスでファンの定着や、もう一度会場に行く動機付けの効果も期待できる、としている。CHEERPHONEは配信・視聴にアプリのインストールが不要で、URLやQRコードからアクセス可能なことが特長。音声配信サービスは、スポーツ観戦体験をより楽しめるサービスとしてJリーグやリーグワンなどで導入が進んでいる。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]