Amazonが提供するブランド保護の4種のツール・サービスの全てが日本で利用可能に

「Amazon IPアクセラレーター」を追加、知的財産権の登録迅速化へ法律事務所紹介

アマゾンジャパンは、インターネット通販「Amazon」で販売するブランドオーナー向けに米国Amazonが提供するブランド保護の4種のツール・サービスの全てが、日本でも利用可能になった、と6月15日発表した。従来の「Amazonブランド登録」「Project Zero(プロジェクト・ゼロ)」「Transparency(トランスペアレンシー)」に加え、「Amazon IPアクセラレーター」が使用できる。

ツール・サービスはブランドオーナーの模倣品の撲滅が目的。Amazon IPアクセラレーターは、知的財産権の登録の迅速化に向け、中小企業のブランドオーナーに知的財産専門の法律事務所を紹介するサービスで、競争力のある料金で質の高い商標登録サービスを提供する事務所を厳選する。商標出願中でもAmazonブランド登録に登録することで、ツール・サービスの一部が活用できる。

Amazonブランド登録は、Amazon上でブランドや知的財産権を管理・保護するためにブランドオーナーが無料で利用可能なサービス。Amazonでの販売の有無を問わない。権利侵害をブランドオーナーがチェック・検出・報告し、その後の出品が追跡できる。Project Zeroは模倣品撲滅の取り組み。Transparencyは、商品にシリアル番号を付けて模倣品が届かないようにするソリューション。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]