2021年の国内家庭用ゲーム市場は、前年からややダウンながら3,600億円超を維持して好調【ファミ通調べ】

ソフト首位は「モンスターハンターライズ」で235.1万本を販売。ハードはSwitchが5年連続トップに。

KADOKAWAのゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、2021年の国内家庭用ゲームソフト(パッケージ版のみ)とハードの売上速報を発表した。集計期間は2020年12月28日~2021年12月26日。KADOKAWAグループのシンクタンクである角川アスキー総合研究所が調査し、KADOKAWA Game Linkageにデータを提供した。

・関連記事

2020年から微減ながら好調を維持

それによると2021年の家庭用ゲーム市場規模は、ハードが2,028.7億円(前年比109.3%)、ソフトが1,585.2億円(同87.2%)で、計3,613.9億円(同98.4%)となった。ソフトがやや不振ながら、任天堂Switchを中心とするハード売上が伸びたことで、前年並みを維持した。

年間ハードラインキングでは、『Nintendo Switch』557.9万台(3機種合計)が、5年連続で年間販売台数トップとなった。一方、2020年末に販売が開始された『プレイステーション5』と『Xbox Series X|S』は、半導体不足の影響などから品薄が続くなど、プレイステーション5が96.8万台、Xbox Series X|Sが9.7万台に留まった。

年間ソフトランキングの首位は、『モンスターハンターライズ』(カプコン/2021年3月26日発売/Switch)で、パッケージ版だけで235.1万本を販売した。2位には『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』(ポケモン/2021年11月19日発売/Switch)231.3万本がランクイン。3位は『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』(KONAMI/2020年11月19日発売/Switch)126.6万本がランクインした。

調査概要

  • 【調査対象】国内家庭用ゲームソフトとハードの売上
  • 【ソフトについて】パッケージ版(ダウンロードカード、本体プリインストール版を含む)のみの推計(ダウンロード販売、アイテム課金などのデジタル決済は含まず)
  • 【売上本数について】店頭(通販含む)で販売されたすべてのタイトル。2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトのデータは、すべての種類を合計。
  • 【集計時期】2020年12月28日~2021年12月26日
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]