Kaizen Platformが事業成長に直結するWebサイト構築「KAIZENサイトリニューアル」提供

グループのディーゼロと課題分析から開発・運用、UXやモバイル対応など一気通貫で支援
よろしければこちらもご覧ください

DX(デジタル変革)・UX(ユーザー体験)・動画ソリューションのKaizen Platformは、Webサイトの課題分析からリニューアルや新規開発、長期的な効果改善に向けた運用を支援する「KAIZENサイトリニューアル」の提供を始める、と9月27日に発表した。7月にグループ化したWebサイトの企画・制作事業のディーゼロとのシナジー効果を生かす。

 

モバイルファースト対応や、問い合わせ・SEO(検索エンジン最適化)を重視したコンテンツの拡充によって、業種や目的に合わせて成果を出す。さらにWebサイトの課題分析に特化してリニューアルや改善のロードマップを提案する「KAIZEN UX分析」を提供して、企業の事業成長に直結するWebサイト構築を一気通貫で支援する。

コロナ禍で非対面が推奨され、顧客接点となるWebサイトをリニューアルしたものの成果が得られていない企業が対象。Kaizen PlatformはUXソリューションの提供で累計5万件以上のWebサイトを改善し、ディーゼロは年間300件以上のWebサイト開発・運用した実績があり、作って終わりではなく長期的な運用・改善提案までパッケージで支援する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]