ルグランが天気情報に合わせて広告を配信するシステム「weathermarketing.net」を開発

消費者に影響を与える気象データと連動してネット広告大手の検索広告・SNS広告に配信
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティングコンサルティング事業のルグランは、天気に合わせて広告を配信する新システム「weathermarketing.net」を開発し、サービス申し込み受け付けを7月29日から始める、と同日発表した。消費者の気分や行動に影響を与える気象データに合わせた広告配信を、ネット広告媒体費の7割を占める検索連動型の「Google検索・ディスプレイ広告」やSNS広告の「Facebook・Instagram広告」と連係してできる。

「weathermarketing.net」配信条件設定イメージ

 

weathermarketing.netは、1時間ごとに更新される1km四方の日本全国約37万地点の気象データに合わせて配信条件を設定できるので、全国で異なる天気への対応を自動化した。24時間前から48時間先までの気温・降水量・湿度・風速▽前日との気温差▽7日先までのまとめ天気・最高/最低気温・降水確率――などに対応した。システム設計には、検索連動型広告の知識や特性、経験のあるメンバーのノウハウを投入した。

プライバシー規制の強化でサイト訪問者の情報を活用しない脱クッキーの流れが進み、消費者の好みやTPOに合わせた広告配信は気象データの活用が今後は重要になるとルグランは見ている。しかし、気象情報に連動した広告をGoogleやFacebook・Instagramなどに出稿する広告配信システムは世界にもほとんどなく、手作業による対応が主流だったため、昨年から新システムの企画・開発を進めてきた。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]