ウェザーニューズが天気予報アプリ「ウェザーニュース」で「天気連動型動画広告」を開始

位置情報・気象情報・ユーザーインサイトを組み合わせて好みに合った動画広告を出し分け
よろしければこちらもご覧ください

気象情報サービス事業のウェザーニューズは、同社の天気予報アプリ「ウェザーニュース」で「天気連動型動画広告」を7月に始める、と7月19日発表した。ユーザーの位置情報、同社の気象情報と、アプリの利用情報を分析したユーザーインサイト(深層心理)を組み合わせ、ユーザーのニーズや好みに合った動画広告を業界初という1kmメッシュ(四方)で出し分ける。

天気連動型動画広告概要

2020年7月に開始した「天気連動型広告」をバージョアンアップさせた。天気連動型広告は、ユーザーの位置情報、同社の気象情報からユーザーの現在地の気象状況に応じて1kmメッシュで広告を出し分ける。クリック率(CTR)は通常の広告と比べて20~50%高い。天気連動型動画広告ではアプリの利用情報に基づくユーザーインサイトも活用し、動画広告を配信する。

動画広告はウェザーニュース起動直後のページに表示。出し分け条件は天気、気温、体感、UVインデックス、熱中症指数、洗濯指数など10種類以上から選択できる。アプリ内コンテンツへのアクセス分析から「お洗濯情報」の閲覧者に洗濯洗剤、「紫外線予報」を見るユーザーにUVケア商品の広告が掲載可能。試験運用では、CTRが天気連動だけより40%以上高まった。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]