DNPが需要予測を支援する「予測AI機能」で「DNPマーケティングクラウド」を拡充

分析に必要なモデルを自動的に構築し、製品・サービスの需要や解約率など予測分析を算出
よろしければこちらもご覧ください

大日本印刷(DNP)は、企業のマーケティングを支援するプラットフォーム「DNPマーケティングクラウド」の新機能として「予測AI(人工知能)機能」を開発し、5月から提供を始める、と5月7日に発表した。過去の実績に基づく将来の製品・サービスの需要予測やサービス解約率などの予測分析を支援し、マーケティング活動を効率化する。

「DNPマーケティングクラウド」と「予測AI機能」の概念図

 

専門家やデータアナリストが行ってきた分析に必要な予測モデルを自動的に構築する。機械学習やプログラミングなどの専門知識がないマーケティング担当者でも、直感的に使えるUI(ユーザーインターフェース)でデータを操作して予測分析できる。DNPマーケティングクラウドと連動して、データ収集から予測分析に必要なデータ整形もできる。

企業は人材不足からデータ収集・解析システムやサービスを導入しない現状があり、DNPは予測AIの活用に必要なデータ準備から分析した予測を基にしたマーケティング施策策定まで専門的なスキルを持つコンサルタントが支援する。メーカーや流通・小売、金融、生保など幅広い業界に提供し、2025年度までに関連サービスを含め6億円の売上を目指す。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ユーザビリティ
一般的には、Webサイトやソフトウェアなどの操作性や使いやすさを示す言葉。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]