イルグルムが新CXサービス「eZCX」先行リリース版を「アドエビス」利用企業に提供

ECに特化し「誰でも簡単に使える」をコンセプトに顧客体験を設計、CVRが10%向上
よろしければこちらもご覧ください

マーケティング効果測定プラットフォーム「アドエビス」を展開するイルグルムは、WebサイトのCX(顧客体験)向上を実現する新サービス「eZCX(イージーシーエックス)」先行リリース版の提供を始めた、と5月7日に発表した。アドエビスの利用企業の数社を対象に期間限定で提供後、正式版を今夏にリリースする。

 

eZCXは、「誰でも簡単に使える」をコンセプトにECに特化したCX向上プラットフォーム。アドエビスに蓄積したユーザー行動データをもとにユーザーの「気持ち」を解析し、適切なタイミングで適切な体験を提供する。ECに最適化されているので効果的なCX向上施策を実施できる。先行導入した企業では、CVR(顧客転換率)が最大10%改善している。

イルグルムはeZCXの正式リリースに向けて機能改善を進める。アドエビスユーザーだけでなく、ECサイト構築オープンプラットフォームの「EC-CUBE」利用企業への展開も視野に入れる。アドエビスのデータとナレッジをCX領域に拡張して、国内企業のマーケティングDX(デジタル変革)を推進するプラットフォームビジネスを拡大する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ユーザビリティ
一般的には、Webサイトやソフトウェアなどの操作性や使いやすさを示す言葉。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]