博報堂プロダクツがデータ分析支援のデータブリッジと資本提携、マーケティングDX支援強化

データ利活用のコンサルティングから実施・PDCAまで高いレベルで一括対応が可能に
よろしければこちらもご覧ください

博報堂グループで総合制作事業の博報堂プロダクツは、データ分析やデータマネジメントの支援事業を行うデータブリッジと資本提携した、と3月11日発表した。データの利活用によるマーケティングDX(デジタルトランスフォーメーション)支援の強化が狙い。データ利活用のコンサルティングから実施、PDCA(計画・実行・評価・改善)まで高いレベルで一括対応が可能になる。

データブリッジは、マーケティングやプロモーションのデータマネジメント、データ分析に対応したPDCA運用環境の構築支援を展開。データサイエンティストとデータエンジニアによってサービスを提供している。それぞれの目的に合ったデータの可視化やデータマネジメント、さまざまなデータエンジニアリング支援、コンサルティングを強みにする。2017年3月に設立された。

博報堂プロダクツは、マーケティングやプロモーションでのデータ利活用の重要性が高まっているため、データブリッジとの提携を決めた。データサイエンス、データエンジニアリング機能をさらに強め、CRM(顧客関係管理)、セールス、リテール(小売業)、ストア、イベントの領域でマーケティングDXやリードマネジメントの支援力を高め、プロモーションの進化を後押しする。

両社の機能と資本提携による発展のイメージ
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]