YouTubeインフルエンサー、2020年のチャンネル総再生数1位は新鋭「Junya.じゅんや」【BitStar調べ】

「チャンネル総再生数」「動画再生数」「登録者数」などでインフルエンサーのパワーをランク付け。
よろしければこちらもご覧ください

BitStarは、2020年に活躍した動画クリエイターや動画チャンネルのランキング総括「インフルエンサーパワーランキング by BitStar」を発表した。自社開発の分析ツール「Influencer Power Ranking」(IPR)のデータに基づき、YouTubeのチャンネル総再生数、動画再生数、登録者数などで、インフルエンサー(YouTuber)のランク付けを行っている。2020年1月~12月の期間に投稿された動画、日本国内登録者数1,000人以上のYouTubeチャンネルが対象。

一般インフルエンサーの投稿が、商業PVや芸能人投稿を上回る

この調査において、「チャンネル総再生数」では、2位の「東海オンエア」8億8,249万回、3位の「Fischer's-フィッシャーズ-」6億9,597万回という人気YouTuberを抑え、「Junya.じゅんや」が総再生数8億8,810万回で1位となった。

「Junya.じゅんや」は、2020年9月14日にYouTubeチャンネルを開設。4か月という他より短い期間でこの再生数を達成した。「Junya.じゅんや」はTikTokにおいても日本一のフォロワー数を誇っている。その短尺動画をYouTubeでも公開することで、12月だけで140本以上の動画をアップロードしていた。

また「Junya.じゅんや」は、「新チャンネル登録者数ランキング」でも、2位「エガちゃんねる EGA-CHANNEL」227万人、3位「佐藤 健 / Satoh Takeru」197万人を抜き、385万人と1位を記録している。

 
 

「動画1本あたりの再生数」ランキングでは、子ども向け動画「こたみのチャンネル」の『【寸劇】みのちゃんはいつでも赤ちゃんになりたい!素敵なお姉ちゃんになって赤ちゃんのお世話できるかな?*Mino Pretend nanny 教育 こたみのチャンネル』が1億2,356万回再生を記録して1位となった。2位『LiSA 『炎』 -MUSiC CLiP-』1億1,712万回、3位『米津玄師 MV「感電」』1億1,549万回など、2020年を代表するヒット曲のPVを、一般インフルエンサーの投稿が上回った。

 

「多く“#急上昇”入りを果たしたチャンネル」では、著名インフルエンサーが強く、1位「東海オンエア」195本、2位「Fischer's-フィッシャーズ-」105本、3位「はじめしゃちょーの畑」76本が上位を占めた。

 

また「タイアップ動画(広告コンテンツ)の再生数ランキング」では、「荒野行動(NetEase Games)」6,182万回が、2位「コード:ドラゴンブラッド (Sixjoy Hong Kong Limited)」1,540万回に大きく差を付けてトップとなった。

 

調査概要

  • 【調査対象】対象期間にYouTubeに投稿された動画、日本国内のチャンネル登録者数1000人以上のYouTubeチャンネル
  • 【調査方法】自社開発の分析ツール「Influencer Power Ranking」(IPR)のデータに基づき集計
  • 【対象期間】2020年1月~12月
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]