クロストレックスのWeb接客ツール「オプティオ」がMAツールの問い合わせフォームと連携

MAツールで制作した問い合わせフォームをオプティオでポップアップ表示して自動登録
よろしければこちらもご覧ください

マーケティングテック事業のクロストレックスは、同社が提供するWeb接客ツール「オプティオ」のポップアップ内に、マーケティング自動化(MA)ツールで作成した問い合わせフォームを表示する連携機能の提供を始めた、と12月10日に発表した。オプティオで獲得した新規リード(見込み顧客)が入力した情報をMAに自動登録することができる。

 

オプティオは、BtoB(企業間取引)に特化し、資料スライドや動画コンテンツをWebサイト上にポップアップ表示してリードを獲得するツール。スライドや動画と一緒に問い合わせフォームを表示し、ページ遷移せずに誘導する。今回の連携機能でオプティオのオリジナルフォームだけでなく、MAで制作した問い合わせフォームも組み込めるようになった。

 

オプティオでリード獲得を促すだけでなく、MAで作成した問い合わせフォームをポップアップ内に呼び出してリード情報をMAに自動登録できるので、リード獲得と営業との連携効率がアップする。MAを導入する企業が増えているが、リード情報からMAへの連携が自動でできずマーケティング担当者のフォーム入力作業が増えている問題を解決する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ポストインプレッション
広告の効果に関する用語の1つ。広告を見たことでそのあとのユーザーの行動が変わる効 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]