DATUM STUDIOとFICCが「データマーケティングコンサルティングサービス」を提供開始

データ分析を通じて消費者理解に基づく新しいマーケティングやブランディングを提供
よろしければこちらもご覧ください

データ活用コンサルティング事業のDATUM STUDIOは、ブランドマーケティング事業のFICC(エフアイシーシー)と協働して「データマーケティングコンサルティングサービス」を始める、と11月11日に発表した。消費者理解に基づく戦略策定と独自のマーケティング設計で、新しいマーケティングやブランディングの手法を提供していく。

データマーケティングコンサルティングサービスの概要

 

主観のマーケティングから脱却して施策のムダ打ちを回避し、データドリブン(データ分析に基づく行動)によって課題を解決する。①ビッグデータを活用した分析とコミュニケーション戦略策定②パーセプションフロー(自然な認識変化の流れ)モデルによるコミュニケーション設計③デジタル施策の実行--の効果検証とフィードバックを繰り返す。

②のパーセプションフローモデルは、探索▽選択▽購入▽使用▽満足▽再購入▽発信の一連の購買行動プロセスを捉えてマーケティング活動全体の設計図とするもの。このモデルを基にDATUM STUDIOのデータ分析力と、FICCのブランドマーケティングの知見とによってコミュニケーションを設計する。

③のデジタル施策の実行では、DATUM STUDIOのグループ会社でデジタル広告・データコンサルティング事業のSupershipの広告配信プラットフォームやDMP(データマネジメントプラットフォーム)と連携して高精度なデータマーケティング施策を展開。顧客ニーズの変化を可視化し、持続的成長可能なマーケティング活動を実現する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インプレッション
ネット広告における、「広告が表示された回数」を意味する。 広告表示に関する ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]