Twitterが24時間しか表示されない「フリート」を日本で公開、いまを伝える新しい形

目の前の出来事やその時の気持ちで、プレッシャーを感じずリラックスして投稿できる
よろしければこちらもご覧ください

Twitter Japanは、24時間しか表示されない新機能「フリート(Fleets)」を日本で公開した、と公式ブログで11月10日に発表した。目の前の出来事やその時の気持ちをそのまま伝える新しい形の投稿で、国内で順次使用できるようになる。

 


ツイートは自分で削除しない限り残り続けるので、勢いに任せた投稿をためらったり、「リツイート」や「いいね」を多く得ようとプレッシャーを感じたりするとの声が寄せられていた。フリートはその時の出来事や気持ちをリラックスして共有できる。

 


ブラジル、イタリア、インド、韓国でテストしたところ参加のハードルを下がり、より多くの会話がTwitter上でされたことを確認した。「Twitter初心者は心に浮かんだことを表現するにはフリートのほうが好ましいようだ」としている。

テキストやツイート、写真、動画をフリートでき、さまざまな背景とテキストのオプションがある。フリートの中でツイートを共有するには、ツイートの下の「共有」から「フリートで共有」を選ぶ。フォロワーにはタイムライン最上位にフリートが表示される。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CPC
クリック単価。インターネット広告において、広告を見たユーザーが1クリックするたび ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]