地方企業への転職・副業の関心は「35~44歳世代」で50%以上 【みらいワークス調べ】

コロナ禍の影響は? 地方への転職は48.5%、地方での副業には60.3%が興味を示す
よろしければこちらもご覧ください

みらいワークスは2020年度首都圏大企業管理職の就業意識調査を実施した。35歳~65歳の課長以上の正社員管理職、1614件の回答が集まった。

地方への転職は48.5%、地方での副業は60.3%が興味を示した

「地方企業(東京・大阪・名古屋などの主要都市を除く)で働くことへの興味」を聞くと、「興味がある」「やや興味あり」と回答したのは「35~44歳」が53.1%、「45~54歳」が46.2%、「55~65歳」が46.2%であった。

また「新型コロナウイルス感染症の影響は、地方で働くことの関心に変化をもたらしたか?」と聞くと、「とても強くなった」「強くなった」と回答したのは「35~44歳」が42.0%、「45~54歳」が32.0%、「55~65歳」が28.8%だった。

「地方の中小企業から、経営幹部候補としてのオファーがあった際、現年収に対してどのくらいの給与水準であれば、転職の可能性があるか?」と聞くと、「現収入の7割減少」「現収入の8割減少」「現収入の9割減少」との回答が全体の36.7%であり、「現収入維持」が32.9%だった。地方中小企業の経営幹部候補への転職に、収入の増加を見込んでいる者はすくないと言えよう。

さらに「地方中小企業での月1~3回程度の副業に興味はあるか?」と聞くと、「興味がある」「やや興味がある」と回答したのは「35~44歳」が64.7%、「45~54歳」が57.2%、「55~65歳」が58.2%と、全世代を通して過半数を超えて興味を示した。

「地方の中小企業での副業に興味があるのはなぜか?」と聞くと、「副収入」が40.8%ともっとも多く、次いで「やりがい」が32.5%、「スキルアップ、成長」が18.3%、「地方貢献・地方創生」が8.1%であった。

また、「地方で副業をした後に、その地域への移住・転職につながる可能性があると思いますか?」と聞くと、「可能性あり」「やや可能性あり」と回答したのは「35~44歳」が74.6%、「45~54歳」が70.0%、「55~65歳」が68.3%と過半数以上の高い結果となった。

調査概要

  • 【調査対象】年齢:35歳~65歳で、従業員規模:500名以上(サービス業)、 1000名以上(製造業)一都三県に在住し、 東京都に勤務している正社員管理職(課長職以上)
  • 【調査方法】インターネットモニター調査
  • 【調査期間】2020年9月24日~27日
  • 【有効回答数】1614件
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]