サイバーエージェントが「CAリテールマーケット」でマッチングプラットフォームを提供

商品がウェブで閲覧可能、話題になっているD2Cブランド商品のスムーズな仕入れを実現

インターネット広告事業のサイバーエージェントは、小売店とD2Cブランドをつなぐことで店舗の棚やスペースの価値を最大にするサービス「CAリテールマーケット」で、話題になっているD2Cブランド商品のスムーズな仕入れを可能にするマッチングプラットフォームの提供を始めた、と9月10日発表した。扱っている商品がウェブで閲覧できる。

D2Cはダイレクトツーコンシューマの略で、自社製品をサイトで直接消費者に販売する仕組み。CAリテールマーケットは、小売り企業の新規商品開拓の場、D2Cブランドやメーカーにとっては販売機会創出の場となり、オンラインでは難しい実際の商品体験を通じたユーザーコミュニケーションが可能な実店舗の需要の高まりを受けて展開している。

今回開始したマッチングプラットフォームは、CAリテールマーケットで取り扱っている商品がウェブ見られ、小売り企業は自由なタイミングで新商品が開拓できる。プラットフォーム上からサンプル商品が取り寄せられ、仕入れの検討が容易になる。D2Cブランドやメーカーは、商品ごとの詳細ページで商品の特徴や思いが伝えられる。商品登録は無料。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]