博報堂の組織がD2Cブランド開発を支援するプログラム「D2C Design Studio」の提供開始

デジタルと現実体験融合の開発実現、ブランド・エクスペリエンス・コミュニティに着目
よろしければこちらもご覧ください

博報堂は、同社が立ち上げたD2C(ダイレクトツーコンシューマー)ブランドビジネス支援組織「博報堂グループ・D2C統合ソリューションチーム」が、生活者の発想でD2Cブランド開発を支援するプログラム「D2C Design Studio」の提供を始めた、と8月6日発表した。デジタルと現実の体験を融合したD2Cブランドの開発を実現する。

D2Cは自社が企画・製造した商品をECを利用して生活者に直接販売する仕組みで、注目が高まっている。SNSの活用でファンを育成するD2Cブランドは、強いブランドストーリーと感情に訴える価値の訴求が求められ、一般的なブランディングとは異なるブランド構築やサービス設計が必要になることから、D2C Design Studioを展開する。

D2C Design Studioは、D2Cブランドを構成するブランド、エクスペリエンス、コミュニティの各要素に着目。「生活者の共感を誘う“らしさ”を設計するブランド開発」「生活者発想に基づいた顧客体験を設計するエクスペリエンス開発」「ブランドとの絆を紡ぐ共創アプローチを通じたコミュニティ開発」を一括して提供していく。


「D2C Design Studio」のワークプロセス

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]