Viibarが「動画SaaS」「ライバーサクセス」などの事業に集中し広告動画制作から撤退

広告運用事業も8月末終了、「メディア・プラットフォーマー向けDX支援」も展開
よろしければこちらもご覧ください

企業・メディア向け動画サービスのViibar(ビーバー)は、広告動画制作と広告運用事業から8月末で撤退し、「動画SaaS」「ライバーサクセス」「メディア・プラットフォーマー向けDX支援」の3事業に集中する、と6月1日に発表した。広告以外の動画需要拡大に対応する。既存オフィスは解約して必要最低限のスペースに移転し、リモートで展開する。

動画SaaSではクラウドで動画制作を管理する「Vync」と、米マイクロソフトのスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に採択された新規プロダクトを投入し、企業向け動画SaaSを加速。ライバーサクセスではDeNAが運営するライブ配信アプリ「Pococha(ポコチャ)」などで活動するライバーをデータ解析に基づき支援、育成する。

メディア・プラットフォーマー向けDX(デジタルトランスフォーメーション=データとデジタル技術を活用した業務変革)では、テレビ局や新聞社、プラットフォーマーのビジネスモデルや業務変革を同社の動画技術で支援する。豊富な解析データと独自の運用ノウハウで新しい動画ビジネスづくりをする。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]