AdobeがAI技術「Adobe Sensei」搭載のサービス群「Intelligent Services」発表

顧客体験管理「Adobe Experience Platform」をベースに構築、AI導入課題に対応
よろしければこちらもご覧ください

米国Adobeの日本法人、アドビシステムズは、米国本社が自社のAI(人工知能)・機械学習技術「Adobe Sensei」を搭載したAIサービス群「Intelligent Services」を5月14日に発表した、と5月25日に公表した。顧客体験管理プラットフォーム「Adobe Experience Platform」をベースに構築。企業のAI導入の課題に対応する。

Intelligent Servicesは、構造化されていないデータを共通言語でつなぎ合わせることで、データソースを基にAIの活用を促進する。Adobe Experience Platformで提供するIntelligent Servicesには「Customer AI」「Attribution AI」「Journey AI(β版)」「Content & Commerce AI(同)」「Leads AI(同)」が含まれている。

Customer AIは、事業全体の履歴やリアルタイムのデータを分析してコンバージョン(最終成果)や解約など重要なイベントの傾向スコアを作成。例えばサブスクリプション(定額制)サービスだと価格に敏感で停止する可能性が高いユーザーのセグメントを抽出する。Attribution AIは顧客との複数の接点の影響度を定量化する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]