CINCがSNS分析ツール「Keywordmap for SNS」に「Twitter」の「セグメント分析機能」実装

複数アカウントを「セグメント」に指定してニーズや投稿数の変化が期間を決めて分析可能
よろしければこちらもご覧ください

ウェブマーケティング・ソリューション事業のCINC(シンク)は、同社が展開しているSNS分析ツール「Keywordmap for SNS」に「Twitter」の「セグメント分析機能」を実装した、と5月25日発表した。Twitter上で複数のアカウントを「セグメント」として指定し、ニーズや投稿数の変化が期間を決めて分析できるようになった。

この機能によってTwitterのユーザーの声から自社がターゲットにするユーザーの興味・関心の変化が時系列で読み取れる。ターゲットの属性を理解したい▽ターゲットの興味関心を知りたい▽リアルタイムにターゲットのトレンドを追いたい▽リアルタイムにターゲットの興味・関心の変化を追いたい--場合に利用できる。


キーワードを軸としたセグメントニーズの可視化


投稿数推移の確認


最も投稿数が多い曜日・時間帯の分析


投稿内容から性別を推定・分析

Keywordmap for SNSはキーワードデータを活用したウェブ戦略の調査・分析を実現するマーケティングツール。自社サイトのほか競合サイトの検索順位データや広告出稿データが抽出できる。SEO(検索エンジン最適化)やコンテンツマーケティングに必要なユーザーニーズの分析や競合サイトの注力ページ調査などを提供する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]