HubSpot Japanが新製品群「CMS Hub」の展開を開始、マーケティング担当者も更新可能

「HubSpot CMS」は「CMS Hub Professional」に改称、「CMS Hub Enterprise」も設定
よろしければこちらもご覧ください

マーケティング・セールス支援ソフト開発の米国HubSpotの日本法人、 HubSpot Japan(ハブスポット・ジャパン)は、新製品群としてウェブサイトのコンテンツ管理システム(CMS)「CMS Hub」の展開を始める、と4月8日発表した。併せて、これまで1つの製品だったCMS「HubSpot CMS」を「CMS Hub Professional」に改称した。

CMS Hubは、同社のマーケティング支援ソフト「Marketing Hub」、セールス支援ソフト「Sales Hub」、カスタマーサービス支援ソフト「Service Hub」に続く製品群。ウェブサイトの簡単な修正でもエンジニアやIT担当者の協力が必要な従来のCMSの課題を解決し、マーケティング担当者がコンテンツを更新できるようにした。


ページ編集画面

CMS Hubの各プランは、無料の顧客管理システム「HubSpot CRM」とリアルタイムに連携し、顧客の最新状況に基づいて表示コンテンツがパーソナライズできる。CMS Hub Professionalは、安全性と信頼性を確保しながら事業成長に合わせたサイト制作が可能。さらに高度な機能を備えたプラン「CMS Hub Enterprise」も設定した。


閲覧者に合わせたページの出し分けも可能

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]