フラーがアプリ分析ツール「App Ape」で新機能「リテンション分析」(β版)の展開開始

最大3カ月のカテゴリ・性年代別や日・週・月ごとなど詳細条件が設定できる形で提供
よろしければこちらもご覧ください

スマートフォンアプリ分析・開発支援事業のフラーは、同社のアプリ分析ツール「App Ape(アップ・エイプ)」でリテンション(継続)率を推計する新機能「リテンション分析」(β版)の展開を始めた、と4月6日発表した。最大3カ月のカテゴリ別、性年代別、日ごと、週ごと、月ごとなど詳細な条件が設定できる形で提供する。

リテンション分析には、App Apeで蓄積するモバイルデータを活用。リテンション率は通常、自社アプリのみ把握できるデータだが、フラーはスマートフォンのビッグデータを解析し、さまざまなアプリのリテンション率を推計する方法を開発した。ユーザーの評価をデータに反映し、多くの人に使われる指標の創出を目指す。

リテンション分析特徴

インストールベースと、インストール&起動ベースの両タイプのデータでリテンション率を示す。インストールベースは対象期間内にアプリを新規インストールしたユーザー、インストール&起動ベースは対象期間内にアプリを新規インストールした後に起動したユーザーを基にする。データは毎日更新。効果が素早く分かる。

ダッシュボードサンプル画面
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]