ゾーホージャパンがネットワーク監視「ManageEngine OpManager」でストレージ監視を提供

オプションでストレージの安定運用に必要な機能を実装、企業のネットワーク管理を効率化
よろしければこちらもご覧ください

ソフト販売・コンサルティングのゾーホージャパンは、同社が展開するネットワーク監視ソフト「ManageEngine OpManager」でストレージ監視オプション機能の提供を2月21日に始めた、と3月10日発表した。ストレージの安定運用で必要になる機能があり、企業のネットワーク管理の効率化につなげる。

ストレージパフォーマンスの監視▽ディスクの読み取り・書き込みの統計▽使用率の監視▽ストレージ増加予測グラフ--の機能がある。ネットワーク、サーバー、データベースなどを監視するOpManagerの基本機能に加えてストレージ監視オプションを利用するとストレージの運用監視も一元化できる。

管理用ソフトの一元化で運用コストが削減できるうえ、ネットワーク障害時の原因調査に必要な時間の短縮も可能になる。ストレージ監視オプションは年間12万3000円(25ディスク監視のための年間ライセンス費)から。ゾーホージャパンはソフト開発のインドZohoのソフトを日本で販売・サポートしている。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]