クロスロケーションズが位置情報データ活用プラットフォーム「LAP」で2種の新機能提供

「性別・年代別の曜日時間帯別エリア解析」と「分析地点登録機能」、要望を受けて搭載

AI(人工知能)による位置情報データ活用プラットフォームを提供するクロスロケーションズは、同プラットフォーム「Location AI Platform(LAP)」で2種類の新機能の提供を1月6日に始めた、と同日発表した。「性別・年代別の曜日時間帯別エリア解析」と「分析地点登録機能」で、どちらも利用企業からの要望が多かった。

性別・年代別の曜日時間帯別エリア解析は、毎月約45億レコード蓄積している位置情報ビッグデータを使い、消費者の行動傾向をAIで解析。属性ごとの実勢商圏や競合シェア率、買い回り傾向などが素早く把握でき、最適なエリアを選択して販売促進活動と効果測定を実現する。顧客のデータを持たない店舗でも利用が可能。

新機能によるデモグラフィック属性別の行動傾向。男性は周辺5km以内からのみ、女性は港北エリア、武蔵小杉、目黒等の居住者も来店傾向が高い。

分析地点登録機能は、分析地点の登録機能をCSVファイルのアップロードに対応させた。分析したい店舗が自由に登録でき、解析結果の確認がいつでも可能になる。2つの新機能によってさまざまな属性グループでの解析が素早くでき、商圏分析や競合比較が迅速化。デジタル広告やポスティング施策が速やかに実行できる。

「AI商圏」分析機能に加え、その結果を広告出稿・効果検証まで一気通貫して実行可能なプラン
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JPRS
株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]