ALBERTとABEJAが業務提携、AI・分析プロジェクトの協業とMLaaSの機能拡充へ共同開発

AIの実装促進、ABEJAがAI開発・運用プロセス省力化「ABEJA Platform」をALBERTに提供
よろしければこちらもご覧ください

データソリューション事業のALBERT(アルベルト)と、ディープラーニングを活用したAI(人工知能)の社会実装事業を行うABEJA(アベジャ)は、業務提携契約を結んだ、と8月27日発表した。AI・分析プロジェクトの協業と、MLaaS(Machine Learning as a Service)=機械学習のクラウドサービス=の機能拡充への共同開発が目的。

ALBERTはビッグデータ分析、AIアルゴリズム開発、システム実装などのソリューションを展開。ABEJAはAIの開発・運用に必要な大量のデータ取得、蓄積、学習などのプロセスを省力化するプラットフォーム「ABEJA Platform」を提供している。両社は、協業で国内のAIの社会実装を促進させるため、業務提携することを決めた。

ABEJA Platformを活用したAI・分析プロジェクトの協業
MLaaSの機能拡充に向けた共同開発

提携でABEJAはABEJA PlatformをALBERTに提供し、ALBERTはABEJAの一部顧客に対し、顧客ごとに最適なAI・分析プロジェクトの推進を支援。MLaaSの機能拡充では、AI開発の初期仮説検証が容易なツール「ABEJA Platform Accelerator(α版)」に、ALBERTのAI・画像認識サービス「タクミノメ」で利用できるAIモデルを搭載する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストラ
関連語 の「JPRS」を参照 ドメイン名の登録受け付けや支払いの業務を担当 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]