プレイドのCXプラットフォーム「KARTE」が次世代BIプラットフォーム「Looker」と連携

「Looker Blocks『Customer Experience Analytics by KARTE』」として米国Lookerが提供

顧客体験(CX)プラットフォーム事業のプレイドは、同プラットフォーム「KARTE」が、BI(ビジネスインテリジェンス)ツールを展開する米国Lookerの次世代BIプラットフォーム「Looker」と連携し、「Looker Blocks『Customer Experience Analytics by KARTE』」として米国Lookerがサービスを始めた、と7月9日発表した。

BIは、企業が蓄積する大量のデータを収集・分析して経営戦略の意思決定を助ける意味。Looker Blocksはさまざまなケースを念頭に置いて設計したテンプレートで、利用によって構築時間を短縮し、必要部分のカスタマイズで企業のデータ・組織に最適な分析環境が提供できる。KARTEはLooker Blocks初の日本製品となる。

 

Customer Experience Analytics by KARTEは、KARTEが蓄積したウェブやアプリ、実社会の購買などリアルタイムのユーザーデータがLookerのダッシュボードで描画が可能。描画した分析データからKARTEに戻ってアクションが実行できる。例えば、批判者数が増加した際、それぞれの情報を抽出して原因を探ることも実現する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]