博報堂とTIS、AI技術を活用した発想支援クラウドサービス 「AIブレストスパーク」を共同開発

広告会社ならではの発想法や打ち合せのノウハウを再現するためにAI技術を活用
よろしければこちらもご覧ください

博報堂とシステムインテグレーターのTISは、AI技術を用いて企業の企画づくりやアイデア出しを支援するクラウドサービス「AIブレストスパーク」を共同で開発した、と6月3日発表した。AIブレストスパークには、博報堂独自の発想支援メソッドを搭載している。

AIブレストスパークは広告会社ならではの発想法や打ち合せのノウハウを再現するためにAI技術を活用し、アイデアやコンセプトのきっかけとなるワードやフレーズを生成。5つの機能で人間の発想力や創造力を支援する。

博報堂は、発想支援メソッドのノウハウを提供し、システム設計および販売・運営に関してはTISが担当する。6月中は無料体験版を試すことができ、7月1日には有料版の販売を予定している。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICP
「ICP(Internet Content Provider)ライセンス」と呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]