小・中・高校生の“裏アカ”所有率は3割超、しかし危機意識が低くトラブルは「他人事」【デジタルアーツ調べ】

“ネッ友”がいる未成年は3割超、過半数が「会ってもいい・もう会っている」。一方で危機意識は低い。

デジタルアーツは、未成年者の携帯電話・スマートフォンの最新の利活用状況について、調査結果を発表した。半年~年1回のスパンで継続調査しており、今回で12回目。小・中・高校生男女618名(および同年代の子どもを持つ保護者層618名、合計1,236名)から回答を得ている。

小・中・高校生の94.5%がスマホ使用、1日平均3.7時間

まず端末種別について聞くと、小・中・高校生の94.5%がスマートフォンを使用しており、前回調査(2018年1月)からさらに3.7%増加した。年代別で見ると、小学生(高学年)が16.5%増加し90.8%となり、はじめて90%台に達した。

 
 
 
 

平均利用時間も伸長しており、前回から0.5時間増加し3.7時間。小学生が2.5時間(前回から0.6時間増加)、中学生が2.8時間(0.4時間増加)、高校生が5.7時間(0.1時間増加)。最も平均時間が長いのは高校生女子で6.1時間に達している。

 

“ネッ友”がいるのは3割超、過半数が「会ってもいい・もう会っている」

ここからは、ネット上のコミュニケーションに対する危機意識を探る質問を行った。まず「ネット上のみでコミュニケーションを取る友達(ネット上の友達、ネッ友)」の有無を聞くと、「いる」としたのは小・中・高校生全体の37.5%。年齢が上がるほど比率は上がり、高校生女子で52.4%、高校生男子で46.6%に達する。

 

「ネット上の友達との接し方」について聞くと、全体では「十分仲良くなったので、できれば会ってみたい」13.8%、「もう少し仲良くなれば会ってみても良い」18.5%、「会うのは抵抗があるが、顔写真または顔が写っていない写真なら送っても良い」9.9%、「既に会っていてこれからも会いたい」16.4%などだった。総じて、ネッ友に会うことのハードルは低い。

これを年齢性別で見ると、高校生女子は「十分仲良くなったので、できれば会ってみたい」22.2%、「既に会っていてこれからも会いたい」24.1%が上昇する。

 

また「ネッ友にどこまで情報を教えられるか」という質問でも、「年齢」54.7%、「住んでいる地域」47.0%のほか、「職業(会社名・学校名)」26.7%、「顔、容姿」24.1%、「本名」21.6%などが2割を超えるなど、危機意識の低さが浮き彫りになった。

 

「個人情報の漏えい」に警戒しているが、どこか他人事

一方で「自分が当事者(被害者/加害者)になりうると感じた事件を選んでください」という設問では、「個人情報の漏えい」が前回の22.0%から大きく増加し小・中・高校生の43.0%となっている。「ネット上で知り合った人に誘拐/拉致/乱暴/殺害される」6.3%、「自分の写真を送らされ、脅迫される」5.0%も存在する。

前述の回答と矛盾するようだが、「個人情報の漏えい」や「自画撮り被害」などは、言葉で知っているだけの他人事で、“ネッ友と実際に会っても、自分は大丈夫”“本名や顔を教えても、自分は脅迫されない”といった当事者意識の欠如が感じられる。

 

女子高生は7割近くが“裏アカ”所有、便利な反面、リスクの意識を

こうした複雑な環境や個人の心境から、「リアルな友人関係とは別の関係を築きたい」「本音をより安全に吐露したい」という考えで、いわゆる“裏アカウント”(裏アカ)を開設するユーザーも多い。

「ネットやSNSの裏アカウント」の有無を聞くと、小・中・高校生全体の30.7%が裏アカウントを所有していた。女子高校生では69.9%、女子中学生でも47.6%が裏アカウントを利用していた。特に女子中学生は昨年から18.5%と大きく伸びている。

 

裏アカで投稿する内容は、「趣味、好きな芸能人・アーティスト、好きなもの・こと」が未成年全体でもっとも多く、47.0%だった。

好きなもの・ことについて、誰でもポジティブに表アカウントでも表明したい。しかし趣味志向は多様化が進んでおり、ともすれば「あんな○○が好きなの?」「○○が好きとか趣味悪い」といったネガティブな反応も有り得る。未成年にとっては“悩み事や日々の感情以上に、周りに話しにくいこと”になっていると言えるだろう。

 

実際に「裏アカを持っている理由」を聞くと、全体の1位は「顔のわかる相手に知られたくない感情/言いたいことが言えるから」40.1%だった。高校生男子では「顔のわかる相手に知られたくない趣味や好きな人・もの・ことがあるから」41.7%がトップに入れ替わる。

 

ただしこうした裏アカウントの利用についても、匿名性を有効活用して仲間うちの交流が可能な反面、情報が漏えいした場合に、表アカウント以上に過剰な反応を呼ぶリスクがある。つい最近も、アイドルグループのメンバーが、裏アカウントに投稿するつもりの内容を間違えて投稿し、強い批判を受けるという事例が発生している。

「個人情報の漏えい」「自画撮り被害」「裏アカウントでのうかつな発言」など、未成年においては、さまざまなネットトラブルについて、単なる“他人事”として聞き流すのではなく、いつ自分の身に起きてもおかしくない“事件”として学んでほしい。

調査概要

  • 【調査対象】携帯電話・スマートフォンを持つ全国10歳~18歳の男女、および同年代の子を持つ保護者
  • 【調査期間】2019年4月1日~2日
  • 【調査方法】インターネット調査(実施機関:マクロミル)
  • 【有効回答数】1,236サンプル(未成年者:618サンプル、保護者:618サンプル)
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]