電通、AIによる流行キーワード予測システム「TREND SENSOR(β版)」を開発

ネット上にあふれる情報からAIを活用してビッグデータを分析
よろしければこちらもご覧ください

電通は、AIでビッグデータを解析することにより流行キーワードを予測するシステム「TREND SENSOR(β版)」を開発した、と12月17日発表した。ネット上にあふれる情報からAIを活用してビッグデータを分析し、流行の兆しを捕らえるために、システムを開発した。

システムの特徴は、SNSの情報とマスメディアの情報を掛け合わせることで新たな流行の兆しを発見する「クロス流行伝播モデル」にある。SNSが流行伝播に重要な役割を果たしており、発信源が必ずしもマスメディアではなくなっている。

2つの情報掛け合わせることで、新たな流行伝播の様相が浮かび上がってきた。これらの分析を基にAIが、アニメ・グルメ・ビジネスなど10個のカテゴリーでデモグラフィック別の流行キーワードを予測することに取り組んでいる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クリエイティブ
広告やデザインにおける、作品そのものや作品に使われている素材のこと、または、そう ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]