「アドエビス」に広告配信プラットフォームへ成果を通知する「ポストバック機能」追加

ロックオン、広告配信プラットフォームごとの専用タグ不要で測定を開始、ITPに対応

マーケティングロボット開発のロックオンは、同社のマーケティングプラットフォーム「アドエビス」に、広告配信プラットフォームへ成果を通知する「ポストバック機能」を加え、12月14日に提供を始めた、と同日発表した。広告配信プラットフォームごとの専用タグの設置が必要なく測定開始でき、運用負荷を軽減する。

 

アドエビスで測定したコンバージョン(最終成果)データを広告配信プラットフォームに伝える機能で、アドエビスの測定結果を同プラットフォームで活用したいとの声を受けて開発した。アップルが同社のブラウザ「Safari」に2017年に導入したトラッキング防止機能「Intelligent Tracking Prevention(ITP)」に対応する。

アドエビスを既に利用中で専用タグが設置されているサイトは、各広告配信プラットフォーム別の専用タグの設置が不要。ポストバック機能で重複コンバージョンやITPに対応した高精度の効果測定が可能となり、正確な広告効果を把握したうえで運用に活用できる。5社の広告配信プラットフォームに対して先行導入した。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NPS
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。単純な算出方法の指標だが、近年重要視されてい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]