クライドがFORCASと協業開始、「ADMATRIX DSP」にABMに基づいたターゲティング広告配信の機能を拡充

ADMATRIX DSPにおけるリードジェネレーション領域の生産性向上を目的として協業を開始
岩佐 義人(Web担 編集部) 2018/8/24 7:00

BtoB企業支援のクライドは、経済情報サービスのユーザベースのグループ会社FORCASと、広告配信プラットフォーム「ADMATRIX DSP」におけるリードジェネレーション(見込み顧客を獲得するための活動)領域の生産性向上を目的とした協業を開始する、と8月22日発表した。

協業により、ADMATRIX DSPが提供しているBtoBマーケティングに有効なオフィスターゲティング配信と、FORCASの業界セグメントやシナリオセグメントを組み合わせて活用することで、ABM(アカウントベースドマーケティング)に基づいたターゲティング広告配信の提供とリードジェネレーション支援が可能になる。

ABMに基づいたターゲティング広告配信は、「ユーザーの既存顧客の機械学習モデルによる分析に基づく潜在顧客ターゲティング」「ターゲットした潜在顧客の属性情報を活用した効率的なターゲティング配信」「アカウントスコアを活用したプレディクティブマーケティング」などの特徴がある。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

CP
ケータイサイトを構築・運用して、ユーザーに対してコンテンツを提供する事業者を指す ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]