レッドボックスがデバイスに応じてデータ転送量を自動削減するCDNサービス「ライトイメージ」を提供開始

データのリサイズやフォーマット変換機能により、最大35%表示速度アップ
よろしければこちらもご覧ください

コンテンツ配信をサポートするレッドボックスは、Webサイトにアクセスするデバイスに最適化した画像データのリサイズやフォーマット変換機能により、最大35%表示速度アップするCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)「ライトイメージ」の提供を5月22日に開始する、と同日発表した。ライトイメージは、独自のアルゴリズムによりエッジサーバー内でデバイスを自動判定し、データ転送量の削減とWebサイトの表示を高速化する。

ライトイメージは、スマートフォンからのアクセスで最大35%の表示速度アップを実現するほか、自動判定以外にも、URLにクエリストリングを付与することによって任意のサイズ・フォーマットに変換することができる。ライトイメージは、Amazon S3などのオブジェクトストレージや既存のWebサーバーをそのまま利用できるので、「開発・作業・配信」コストを大幅に削減できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]