エバーライズがGoogle Data Studioへのデータ接続に対応、蓄積データをグラフやチャートで可視化

顧客データをINTEGRAL-COREで収集・蓄積・統合し、GDSのデータソースとして選択可能に
よろしければこちらもご覧ください

マーケティングITのエバーライズは、同社のCDP(カスタマーデータプラットフォーム)「INTEGRAL-CORE」が、Googleの提供する「Google Data Studio(GDS)」へのデータ接続に対応した、と5月10日発表した。データ接続により、企業が保有する会員情報、購買履歴やアプリの行動ログなど、顧客に関する様々なデータをINTEGRAL-COREで収集・蓄積・統合し、GDSのデータセット及びデータソースとして選択が可能になる。GDSではデータをグラフやチャートなどで可視化し、インタラクティブなレポートとして共有することができる。

INTEGRAL-COREでは分散したデータを蓄積し続け、GDSで可視化や分析を行い、迅速な意思決定をサポートする。GDSでは重要指標となる数値のグラフやチャートをダッシュボードにまとめることができ、INTEGRAL-CORE内のデータだけで、Google Analyticsで計測しているオウンドメディアの数値なども出力可能となる。マーケティング担当者が必要とする複数のデータを一括表示にすることで、都度のデータ出力やビジュアライズする手間を省略化することができる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス権
ファイル、ディレクトリ、Webページ、プログラムなどに対して、読み出し/書き込み ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]