サイバーエージェントが「成果報酬型チャットマーケティング」を提供開始、LINEで長期的な関係を構築

プッシュメッセージの送信や成約前のカスタマーサポート等、CRM施策の展開が可能に
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェントは、インターネット広告事業において、リターゲティング広告のコスト最適化と、獲得効率の改善を図るソリューション「成果報酬型チャットマーケティング」の提供を開始した、と3月9日発表した。成果報酬型チャットマーケティングは、ランディングページの来訪者に対し、企業のLINEアカウントを友だち登録するように促すことで、ユーザーとつながり、プッシュメッセージの送信や成約前のカスタマーサポート等、CRM施策の展開が可能になるという。

成果報酬型チャットマーケティングは、チャットボットによる無人対応とチャットオペレーターによる有人対応を組み合わせたコミュニケーションが可能で、アンケート調査などで得たデータを基に、ユーザーのセグメントごとにプッシュメッセージを送信することで CVRの向上を図ることも可能。サイバーエージェントは、今後も新しいマーケティング手法の提供をはじめとした 取り組みを通して、企業のプロモーション効果の最大化に取り組んでいく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JPRS
株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]