ソネット・メディア・ネットワークスが動画広告配信「Logicad Video Ads」を開始

インリード広告を採用、ブラウザで動画表示可視範囲が50%以上になった段階で再生

インターネットマーケティングのソネット・メディア・ネットワークスは、同社の広告配信プラットフォーム「Logicad(ロジカド)」をベースにした動画広告配信メニュー「Logicad Video Ads(ロジカドビデオアド)」の提供を1月17日に始めた、と同日発表した。Logicadの広告配信で蓄積した独自のターゲティング技術を活用して動画広告を配信する。記事と記事の間や、記事の下に配信するインリード広告を採用している。ネガティブなサイトへの配信を抑え、ブランドが損なわれることを防止する。

ユーザーがパソコン、スマートフォンのブラウザで画面をスクロールし、動画表示の可視範囲が50%以上になった段階で再生を始める。冒頭から視聴できるため、流れに沿ったメッセージが伝えられる。広告料金はユーザーが再生を開始した時点で発生する。ユーザーのウェブサイトでの行動履歴を解析し、性別、年代、興味を推定して配信するほか、人工知能の予測技術の活用などさまざまなターゲティング配信ができる。再生数、視聴完了数、視聴完了単価や配信先のレポーティングも提供する。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]