電通デジタルと電通、178項目のチェックで動画広告の最適化を実現する「BRAND LIFT CHECKER」提供開始

動画広告をデジタル媒体向けにアレンジする場合などに、動画広告の制作をサポート

電通デジタルと電通は、クリエイティブ観点でマスとデジタル媒体向けの動画広告の最適化を実現するサービス「BRAND LIFT CHECKER(ブランド・リフト・チェッカー)」を開発し、12月5日より提供を開始する、と同日発表した。178項目をチェックし、動画広告を最適化するBRAND LIFT CHECKERは、活用により、マス媒体向けに開発した動画広告をデジタル媒体向けにアレンジする場合や、デジタル媒体向けに動画広告を展開する場合に、最適な動画広告の制作サポートができるようになる。

BRAND LIFT CHECKERの開発にあたっては、蓄積したYouTube動画広告で実施したブランド効果測定をベースに、電通のプランナーの観点でのチェックと、データサイエンティストの分析により、人の態度変容を促す動画広告の要素と組み合わせを解明した。BRAND LIFT CHECKERは、廉価に大量の広告クリエイティブを制作して試す手法では、かえってブランドを棄損するリスクへの対応にも役立つ。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICANN
1998年に設立されたインターネットのIPアドレスやドメイン名などのリソースを管 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]