Speee、ネイティブ広告の「UZOU」がインティメート・マージャーのDMPと提携、ターゲティングを強化

性別・年齢・エリア・職種などセグメントにターゲティングした広告配信や分析が可能に
よろしければこちらもご覧ください

SEO事業のSpeeeは、DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)のインティメート・マージャーと提携し、デジタル広告配信でのターゲットリーチ強化のため、ネイティブアド配信プラットフォーム「UZOU(ウゾウ)」での新しいサービスを提供する、と11月6日発表した。インティメート・マージャーとの連携により、4.7億のオーディエンスデータを基に性別・年齢・エリア・職種などのセグメントへターゲティングした広告配信や配信後の詳細な分析が可能になる。

UZOUで開始した新しいサービスにより、クライアントのニーズにあった複数キーワードによるセグメントを作成することもできる。例えばキーワード「結婚・式場・ウェディングドレス」に興味を持つ20代女性のセグメントを作成すれば、より情報を届けたい層へのアプローチが可能になる。UZOUが提携する媒体価値の高いメディアでターゲティング配信を実施すれば、自社製品・サービスの持つ価値を訴求しブランディングにつなげることができるという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]