ディマージシェア、AIを活用したイン・イメージ広告「Creative Match」を提供開始

視認性の高い場所にコンテンツと関連性の強い広告を配信することが可能
よろしければこちらもご覧ください

クラウドプラットフォームのディマージシェアは、AI製品シリーズ「AI Cloud」の新製品「Creative Match(クリエイティブ マッチ)」の提供を11月6日に開始する、と同日発表した。Creative Matchはコンテンツ中に掲載している画像の上に関連する広告を重ねて表示する「イン・イメージ広告」の配信を可能にする。従来の広告手法に比べ、より視認性の高い場所にコンテンツと関連性の強い広告を配信することができるため、高い広告効果を実現することができるという。

Creative Matchは、コンテンツ中の画像と前後のテキスト理解のためにIBM WatsonのVisual RecognitionをはじめとしたAIを採用し、その自動化を実現している。ディマージシェアでは、広告媒体となるメディアを運営する企業と、今後イン・イメージ広告の取り扱いを検討している広告代理店での活用を期待しており、初年度10社の導入を目指している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]