米国MarketoがAI搭載ソリューション「Marketo ContentAI」発表、顧客との関係構築へ

関連性が高いコンテンツを独自の方法で予測、コンテンツマーケティング計画策定を支援

エンゲージメント(愛着心)マーケティングソフトの米国Marketoの日本法人、マルケトは、米国本社がAI(人工知能)を搭載したソリューション「Marketo ContentAI」を10月3日(米国時間)に発表した、と10月5日公表した。複数のチャネルで関連があるコンテンツを使って各顧客との関係が構築できる。オーディエンス(メッセージの受け手)にとって関連性が高いコンテンツを独自の方法で予測し、データ中心のコンテンツマーケティング計画の策定を支援する。

ContentAIは、ウェブサイト上のコンテンツを自動で分類し、AIを使用して各オーディエンスに表示する最適なコンテンツを決定する。これによってウェブサイト、モバイル、メールの各コンテンツが効果的にパーソナライズできるようになる。ContentAIのソリューションを活用するブランドは、従来のアプローチ方法と比べて平均75%近くクリック数が増加したという。Marketoの7-9月期の製品投入の一環でContentAIのさまざまな機能が利用可能になっている。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

O2O
O2Oは「Online to Offline」の略で「On2Off」と表現される ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]