チャットボット型接客ツール「Proactive AI」が「LINE」連携、商品検索や自動応答可能

ALBERT、これまでのウェブサイトのみから「LINE@」に拡大、応答内容などは共通で設定
2019-03-12 編集部追記

システムソリューションのALBERT(アルベルト)は、チャットボット(自動コミュニケーション)型接客ツール「Proactive AI(プロアクティブ エーアイ)」に「LINE」連携機能を3月31日に加えた、と4月6日発表した。これまではウェブサイトだけで利用可能だった。今回、多数に情報発信できる「LINE@」のアカウントをLINEユーザーが「友だち追加」することで、LINE上で一部の機能を使えるようにした。

Proactive AIは自然言語での商品検索や、問い合わせへの自動応答機能を搭載したチャットボット型接客ツール。LINE連携機能によって、ユーザーがLINEとウェブサイトの会員IDをひも付けると、LINE上でユーザーが商品検索する際にウェブサイトの行動ログを基にパーソナライズした結果を表示する。LINE上でユーザーの問い合わせに自動で応答でき、応答内容や商品情報はLINEとウェブサイト共通で設定する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]