サイバーエージェントのAI研究組織「AI Lab」が大阪大と先端知能システム研究講座発足

複数エージェントや選択式対話を研究、対話エージェントの実現に向けた基礎技術を確立
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェントで広告技術分野のサービス開発を行う技術者横断組織、アドテクスタジオは、人工知能(AI)を広告技術に活用するAI研究組織「AI Lab(エーアイラボ)」が大阪大学と連携し、先端知能システムの共同研究講座を4月1日に立ち上げる、と3月27日発表した。メッセージプラットフォームでの複数エージェント対話、選択式対話と接客エージェントのキャラクター・個性付け、これらの音声対話への拡張、店舗接客での物理的なロボットについて研究開発を進める。

人と人の対話を自動化する手段で対話エージェントの利用が盛んになり、スケジュール調整・配達注文などの機能を持つチャットボットのサービスが増えていることを背景にする。AI Labは、この共同研究講座で人・社会と調和的に関わるロボットを含む対話エージェントの実現に向けた基礎技術の確立と、人が持つ対話能力に関する科学的知見の獲得を目指す。大阪大学基礎工学研究科のロボット学者、石黒浩教授と行う。AI LabはAIを活用した広告配信技術の研究・開発を目的に2016年1月に設立した。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]