WACULがウェブサイト分析人工知能「AIアナリスト」をリニューアル、分析手法を強化

成果に直結する改善方針をAIが提案、サイト特性に合わせたユーザーの指定で課題抽出
よろしければこちらもご覧ください

人工知能開発のWACUL(ワカル)は、自社のウェブサイト分析人工知能(AI)「AIアナリスト」をリニューアルした、と3月27日発表した。サイト分析の手法を強化し、成果により直結する改善方針をAIが自動で提案するほか、サイトの特性に合わせたユーザーの指定によってAIが重要な課題を教える。サービスロゴを含めたデザインも一新した。これまでは人間による1回の分析完了に約40時間かかる内容を自動化していたが、リニューアルで約500時間分の分析手法を搭載したという。

AIの分析では、申し込みフォームに誘導できていないページの改善方針や、ネット上の広告からユーザーを誘導するために最も適した入口ページ、検索順位を上げると成果が大きく伸びるキーワードを提案する。業界やコンバージョン(最終成果)が類似するサイトより劣る点も教え、コンバージョンしたユーザーに最初に接触できた広告を探す。サイトの特性に合わせたユーザー指定は例えば「新規/リピーター」で分析すると、リピーターからの売り上げ増につながる課題が分かる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]