はてな、UCGを活用したネイティブ広告「ユーザーコンテンツ活用型ネイティブ広告」販売開始

はてなブログとハテナブックマークを活用し、企業のコンテンツマーケティングを支援

「はてなブログ」や「はてなブックマーク」を運用するはてなは、UGC(User Generated Contents=インターネットを利用してユーザーが投稿したコンテンツ)とネイティブ広告を組み合わせた広告商品「ユーザーコンテンツ活用型ネイティブ広告」の販売を3月9日より開始する、と同日発表した。はてなブログのユーザーのブログ記事とはてなブックマークのネイティブ広告を活用し、企業のコンテンツマーケティングを支援する。ユーザーコンテンツ活用型ネイティブ広告は、映像ストリーミング配信のNetflixのオリジナルドラマ「火花」の配信開始にあたって実施したキャンペーンを正式メニュー化した。

ユーザーコンテンツ活用型ネイティブ広告は、「ユーザーによるリアルな感想を集めることができる」「任意の予告編や画像など自動的に掲載する宣伝素材により、記事を通じた商材のPRが可能」「ブログユーザーによる良質な記事コンテンツの投稿を活性化できる」などの特徴がある。企業の「コンテンツ制作ノウハウがない」「コンテンツ制作の手間や費用が捻出できない」などの課題に対応できる。また、ソーシャル拡散の起点になることも多いはてなブックマークでのソーシャルシェアも期待できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

コンバージョン
サイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求したりすること。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]