動画広告の利用媒体1位はYouTube、重要KPIは視聴回数と視聴者数

マクロミルとデジタルインファクトが共同で動画広告市場の動向に関する調査を実施

インターネット調査のマクロミルと、デジタル市場調査のデジタルインファクトは、共同で動画広告市場の動向に関する業界アンケート調査を実施し、2月6日、調査結果を公表した。「取り扱っている・利用している動画広告媒体」に関する調査では、1位が「YouTube」の68.8%、2位は「Facebook」で49.8%、3位は「LINE」で37.2%だった。動画広告のKPI(重要業績評価指標)は、「視聴回数」がもっとも多く、48.3%だった。続いて「視聴者数(リーチ)」が42.0%と続き、3位は「クリック」の37.0%だった。調査は2016年11月~12月に、国内デジタル広告業界関係者400人にWebアンケート調査で行った。

動画広告市場は2016年に842億円、2022年には2,918億円に達するとの予測があり、デジタル広告市場の成長セクターとしてデジタル広告業界において注目を集めている。マクロミルとデジタルインファクトは、動画広告ビジネスへの取り組みに関する現状や考え方、市場動向の認識や課題、今後の見通しなど、詳細にわたるアンケート調査を実施した。調査の全結果詳細は、2月にデジタルインファクトより発信の「動画広告市場の業界アンケート調査2017」に収録する予定。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]