電通テック、位置情報を活用したデジタルプラットフォーム「chalk_spreAD」提供開始

各企業担当者は、バナー広告を指定したロケーションだけに即座に配信可能
よろしければこちらもご覧ください

電通テックは、米Chalk Digital社と協業し、顧客企業が現場で直面する集客課題に対して、売り場やエリア統括担当者が即座にクーポンやお知らせなどの広告を位置情報を活用して配信し、その集客効果までを可視化するデジタルプラットフォーム「chalk_spreAD」の提供を開始した、と1月24日発表した。chalk_spreADは、事業内容や運営体制に沿って課題解決に向けた運用方法を提供。各企業担当者は、バナー広告を指定したロケーションだけに即座に配信することができる。

chalk_spreADは、「配信先(アプリ、スマホサイトそれぞれのRTB広告枠)」「配信日時(配信時刻とともにカレンダーから選択)」「配信エリア(地図上で何ヵ所でも指定)」「配信ターゲット(性、年代、デバイス、言語などのセグメントも可能)」「インプレッション数」「バナークリエイティブ」「ランディングページ」を指定することができる。配信後はダッシュボードでリアルタイムに効果測定をすることができるという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]