国内動画広告の市場動向調査で規模は前年比157%の842億円、スマートフォンが約7割

サイバーエージェントのオンラインビデオ総研調査、今後もスマートフォンがけん引
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェントが運営する動画広告に特化した研究機関、オンラインビデオ総研は、国内動画広告の市場動向調査の結果を11月9日発表した。2016年の動画広告市場規模は、前年比157%の842億円に達する見通しで、スマートフォンの動画広告は前年比2倍に成長し、動画広告市場全体の約7割に達する。調査は、デジタル市場調査のデジタルインファクトと共同で行い、7~9月に動画広告市場関係者へのヒアリングや保有データ、公開情報を基に調べた。

スマートフォンによる動画視聴が増加を続け、動画広告市場をけん引している。2016年の動画広告市場のうちスマートフォンが576億円を占め、パソコンは266億円となる。2015年は全体で535億円、スマートフォンが297億円、パソコンが238億円だった。今後もスマートフォン動画広告が市場の成長を引っ張り、動画広告の市場規模は2017年に全体で1178億円(スマートフォン895億円・パソコン283億円)になり、2020年には2309億円(各1883億円・426億円)に拡大すると予測している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]