サイバー・バズが「Instagram」関連と動画広告事業を展開する専門の子会社2社を設立

「glamfirst」「ドゥーガ」、Instagramのユーザー活用マーケ支援と動画広告代理・制作

インターネット広告のサイバーエージェント子会社で広告メディア事業のサイバー・バズは、写真共有スマートフォンアプリ「Instagram(インスタグラム)」関連と、動画広告事業を行う専門子会社を11月7日付で設立した、と同日発表した。Instagram関連は「glamfirst(グラムファースト)」、動画広告会社は「ドゥーガ」の社名で、どちらも資本金1000万円でサイバー・バズの100%出資となる。サイバー・バズと同じ東京・渋谷の複合ビル「渋谷インフォスタワー」7階に置く。

glamfirstはInstagramのユーザーを活用したマーケティング支援やアカウント運営、ドゥーガは動画広告代理、制作事業を手掛ける。サイバー・バズは、SNSを中心にした企業向けのマーケティングを実施し、モニターサービスやインフルエンサー(消費行動に影響を与える人物)ネットワークサービスを展開。近年Instagramを介した情報発信や動画視聴が日常化していることから、専門子会社を立ち上げた。インフルエンサーネットワークとこれまでのノウハウを基に事業を進める。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UGC
同義語 の「CGM」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]