小売業者のスマートフォン流入数が増加、コンバージョン率はパソコン・タブレットが上

米アドビ調査、平均注文額やカートからの購入率もスマートフォンをパソコンが上回る
よろしければこちらもご覧ください

アドビは、米国本社のアドビが実施した小売業者のモバイルサイトに関する調査結果「2016 Digital Insights Mobile Retail」を11月7日発表した。スマートフォンからの流入数と収益は堅調に伸びている一方、コンバージョン(最終成果)率はパソコンとタブレットが上回っている。コンバージョン率はスマートフォンと比べてパソコンが2.8倍、タブレットが2倍高い。スマートフォンからの訪問者が多いことから小売業者は、モバイル利用者に魅力のある優れた買い物体験を提供することによってコンバージョン率を高められる、としている。

スマートフォンからショッピングサイトへの流入数は前年比で33%増えた。全ての機器からの総流入数は前年と同水準で、パソコンは6%、タブレットは10%低下した。収益はスマートフォンからが前年比65%増加した半面、オンライン総売上高は10%増にとどまり、パソコンとタブレットはそれぞれ2%下がった。パソコンからの平均注文額は155ドルと、スマートフォンからの120ドルより35ドル高く、スマートフォンの訪問あたり収益はパソコンより3.6倍低い。スマートフォン利用者はカートからの購入率も16%とパソコンの26%より低い。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

リターゲティング
行動ターゲティング広告の1つで、検索サイトやバナー広告などから訪れた訪問者のその ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]