インフィード広告で大量クリエイティブを自動精査する機能をサイバーエージェントが実装

目標となる指標と配信実績を対照し、効果に応じて大量のクリエイティブを自動精査
岩佐 義人(Web担 編集部) 2016/10/5 13:59

インターネット広告のサイバーエージェントは、Webサイトやアプリのコンテンツとコンテンツの間に表示する「インフィード広告」用の運用プラットフォーム「iXam Drive(イグザムドライブ)」で、クリエイティブを速やかに自動精査する新機能「Ad Optimizer(アドオプティマイザー)」を追加した、と10月4日発表した。Ad Optimizerは、インフィード広告で目標となる指標と配信実績を対照し、効果に応じて大量のクリエイティブを自動精査することができる。

サイバーエージェントのインターネット広告総合運用プラットフォーム「iXam(イグザム)」やインフィード広告に対応した自動入札ツール「WABI SABI’d(ワビサビ)」「KURO OBI’d(クロオビ)」、インフィード広告用のクリエイティブ運用プラットフォーム「iXam Creative Lab.」などの運用システムを開発している。これらに加え「Ad Optimizer」を活用することで、インフィード広告の効果を最大化する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]