サイバーエージェントが「Twitter」のコミュニケーション自動化「Multi-Replier」開始

特定投稿に対して企業のTwitterアカウントからリプライツイートが即時に自動的に可能
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェントは、「Twitter」での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化するサービス「Multi-Replier(マルチ-リプライヤー)」を始めた、と2月16日発表した。ユーザーが特定のハッシュタグを投稿したり、特定のツイートをリツイートしたりした時、企業のTwitterの公式アカウントからリプライ(返信)ツイートが即時に自動でできる。コンテンツとコンテンツの間に表示するインフィード広告運用プラットフォーム「iXam Drive(イグザムドライブ)」で展開する。

ユーザーとコミュニケーションするための時間と費用が削減できる。特定のツイートをリツイートすることで応募できるキャンペーンの際に一定の確率で当選通知のリプライツイートを送る仕組みや、企業アカウントのツイートをリツイートしたユーザーに特設コンテンツが閲覧できるURLを送信するなどの活用方法がある。特定のハッシュタグを投稿したユーザーにクーポンを送信することも可能になる。ネガティブなキーワードを含むツイートや、特定IDのユーザーを自動返信先から除外する機能も装備する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]